草野球は楽しいもの。草野球は楽しむもの。

草野球は楽しいもの。草野球は楽しむもの。

グランドリーグ > 規約

グランドリーグの規約となります。これから加盟を検討されるチームの方は必ずご一読頂きますようお願い申し上げます。

コンテンツ

グランドリーグ規約

第一章 総則
(名称)
1 本リーグをグランドリーグ(以下「リーグ」という。)と称し,広島グランドスラムが主催するものである。
(事務局)
2 リーグの事務局は,広島グランドスラムに置く。
(目的)
3 リーグは,1年を通じて草野球を楽しむことを目的として創設したものである。チームはもとより自己レベルの向上を目指し研鑽することにより,以て広島県草野球会の発展を最大の目的とするものである。

第二章 運営
(運営委員長)
4 リーグにおいて運営委員長を置く。これは広島グランドスラムから指名された者がその任にあたる。
(運営委員長の補佐)
5 運営委員長が選任した者が運営委員長の補佐にあたる。これは特に人数の制限を設けない。
(代表者会議)
6 リーグにおいて,以下に定めるとおり代表者会議及び閉会式(以下「会議等」という。) を行う。チーム代表者は特段の事由がない限り出席する。
(1) 代表者会議(春季・秋季)
(2) 閉会式
(会議の委任)
7 代表者が特段の事由により会議等欠席する場合,運営委員長に委任することを了承する。

第三章 登録
(参加費の徴収)
8 リーグに参加するチームは参加費を支払ってリーグに登録される。この参加費は前年度のリーグ開始前の春季代表者会議によって決まる。
(チームの振り分け)
9 本リーグは,参加チーム数に応じて部分けしてリーグを実施する。
(登録人数)
10 リーグにおける登録人数は30名以内とする。ただし登録抹消分はこれに含まない。
(1) 代表者会議(春季・秋季)

第四章 服装及び用具
(服装)
11 チームにおいて統一したユニフォームを着用する。
補足 フィールドにおいて同チームで5名以上の統一したユニフォームを着用しなければならない。
(用具)
12 リーグにおいてヘルメット等安全を確保する用具を付ける義務はないものの,安全性を確保するためにヘルメット・プロテクター等の安全性を確保する用具の使用を推奨する。

第五章 助っ人
(要請)
13 リーグにおいて要請できる助っ人について
(1)リーグに所属するチームにあっては4名まで
(2)リーグ外に所属するチームにあっては2名まで
とする。
補足 (1)については必ず事前交渉を必ずすること。
(守備位置)
14 助っ人は次に挙げる守備についてはいけない。
(1)ピッチャー
(2)キャッチャー
(3)セカンド
(4)ショート
(5)センター
(出場制限)
15 助っ人が同時に出場できるのは最大4名までとする。
補足 これは助っ人の守備位置がファースト,サード,レフト,ライトに限られるからである。

第六章 試合
(グランド)
16 試合会場に使用するグランドについては,試合をするチームが確保する。また試合をしなくてもグランドを確保した場合はリーグに提供する。 この場合グランドリーグのウェブサイト(以下「ウェブサイト」という。)の管理画面から登録を行う。
(審判)
17 試合の審判については,次に挙げる者及び準ずる者がするとし,主審・塁審を含めた4名とする。但し状況によって審判員の増減をすることができる。また審判を決める場合は事前に交渉をし,お互い助け合いの精神を持ってやること。
(1)公式審判員の資格を持つ者
(2)野球のルールに精通している者
(試合球)
18 各チームにおいて試合球を2球準備する。使用する公式試合球は新型ケンコーボールA号とする。ただしボールの仕様変更が行われる場合等は代表者会議にて決定したものを使用する。
(DH制)
19 リーグにおいてDH制は認めない。
(試合時間)
20 試合時間は1時間30分とする。
補足 1時間30分を超える場合,原則としてその回の攻撃を無効として勝敗を決する。但し,審判が状況を鑑みて判断し,両チームの了解を得ることができればこの限りではない。
(リーグ開催期間)
21 リーグの開催期間は,代表者会議にて決定する。
補足 代表者会議は概ね2月末か3月初旬に行うものとし、代表者会議翌日を開幕日とする。
(コールドゲーム)
22 リーグにおいてコールドゲームは採用しない。

第七章 成績
(順位)
23 リーグにおいて勝ち点制を採用し,点数にあっては以下の通りとする。
(1)勝ち   3点
(2)引き分け 1点
(3)負け   0点
(同点首位)
24 勝ち点が同点の場合は、以下の順によって順位を決定する。
(1)得失点差
(2)総得点数
(3)当該チーム間の対戦成績
(4)抽選
(結果報告)
25 試合結果をウェブサイトにおいて速やかに報告する。
(個人成績)
26 リーグにおける各部個人成績優秀者を表彰する。表彰する項目については以下の通りとする。
(1)打率
(2)安打数
(3)打点
(4)本塁打
(5)盗塁
(6)勝利数
(7)奪三振
(成績の管理)
27 個人成績を表彰する関係上,各チームにあってはスコア等成績を試合毎に管理する。
(成績の提出)
28 リーグ終了時に,全試合の個人成績を提出すること。提出は試合毎に結果と個人成績を専用のウェブサイトへ入力することで提出とする。尚、期限は代表者会議で決定する。
(罰則)
29 下記の項目に該当する場合,罰則を設ける
(1)試合が消化できない場合は,1試合につき2点を勝ち点から減点する。
(2)個人成績が運営委員長に提出されない場合は,リーグでの成績を一切無効とし,今後のリーグに参加させない。

第八章 棄権
(棄権)
30 棄権とは下記に挙げる項目の通りとし,これが適用された場合該当チームは不戦敗となる。このときのスコアは0-0とし,得点もそのまま適用されるものとする。
(1)試合1週間以内のキャンセル
(2)試合当日,集合時間に集まっていない場合
(3)試合当日,試合ができる状態でない場合(人数不足等)
(4)チーム統一のユニフォームを5名以上着用していない。
(特例)
31 棄権項目に該当している場合でも,対戦チームとの交渉により,了解を得ることができればこれを棄権扱いとしない。

第九章 その他
(閉会式の参加)
32 閉会式には必ず参加しなければならない。これができない場合,リーグの成績を無効とし,今後リーグへの参加はできない。
33 規約に関する疑義又はこれらの規約に定めのない事項については、当該チームで誠意をもって協議の上、解決するものとする。

グランドリーグ規約

第一章 総則
(名称)
1 本リーグをグランドリーグ(以下「リーグ」という。)と称し,広島グランドスラムが主催するものである。
(事務局)
2 リーグの事務局は,広島グランドスラムに置く。
(目的)
3 リーグは,1年を通じて草野球を楽しむことを目的として創設したものである。チームはもとより自己レベルの向上を目指し研鑽することにより,以て広島県草野球会の発展を最大の目的とするものである。

第二章 運営
(運営委員長)
4 リーグにおいて運営委員長を置く。これは広島グランドスラムから指名された者がその任にあたる。
(運営委員長の補佐)
5 運営委員長が選任した者が運営委員長の補佐にあたる。これは特に人数の制限を設けない。
(代表者会議)
6 リーグにおいて,以下に定めるとおり代表者会議及び閉会式(以下「会議等」という。) を行う。チーム代表者は特段の事由がない限り出席する。
(1) 代表者会議(春季・秋季)
(2) 閉会式
(会議の委任)
7 代表者が特段の事由により会議等欠席する場合,運営委員長に委任することを了承する。

第三章 登録
(参加費の徴収)
8 リーグに参加するチームは参加費を支払ってリーグに登録される。この参加費は前年度のリーグ開始前の春季代表者会議によって決まる。
(チームの振り分け)
9 本リーグは,参加チーム数に応じて部分けしてリーグを実施する。
(登録人数)
10 リーグにおける登録人数は30名以内とする。ただし登録抹消分はこれに含まない。
(1) 代表者会議(春季・秋季)

第四章 服装及び用具
(服装)
11 チームにおいて統一したユニフォームを着用する。
補足 フィールドにおいて同チームで5名以上の統一したユニフォームを着用しなければならない。
(用具)
12 リーグにおいてヘルメット等安全を確保する用具を付ける義務はないものの,安全性を確保するためにヘルメット・プロテクター等の安全性を確保する用具の使用を推奨する。

第五章 助っ人
(要請)
13 リーグにおいて要請できる助っ人について
(1)リーグに所属するチームにあっては4名まで
(2)リーグ外に所属するチームにあっては2名まで
とする。
補足 (1)については必ず事前交渉を必ずすること。
(守備位置)
14 助っ人は次に挙げる守備についてはいけない。
(1)ピッチャー
(2)キャッチャー
(3)セカンド
(4)ショート
(5)センター
(出場制限)
15 助っ人が同時に出場できるのは最大4名までとする。
補足 これは助っ人の守備位置がファースト,サード,レフト,ライトに限られるからである。

第六章 試合
(グランド)
16 試合会場に使用するグランドについては,試合をするチームが確保する。また試合をしなくてもグランドを確保した場合はリーグに提供する。 この場合グランドリーグのウェブサイト(以下「ウェブサイト」という。)の管理画面から登録を行う。
(審判)
17 試合の審判については,次に挙げる者及び準ずる者がするとし,主審・塁審を含めた4名とする。但し状況によって審判員の増減をすることができる。また審判を決める場合は事前に交渉をし,お互い助け合いの精神を持ってやること。
(1)公式審判員の資格を持つ者
(2)野球のルールに精通している者
(試合球)
18 各チームにおいて試合球を2球準備する。使用する公式試合球は新型ケンコーボールA号とする。ただしボールの仕様変更が行われる場合等は代表者会議にて決定したものを使用する。
(DH制)
19 リーグにおいてDH制は認めない。
(試合時間)
20 試合時間は1時間30分とする。
補足 1時間30分を超える場合,原則としてその回の攻撃を無効として勝敗を決する。但し,審判が状況を鑑みて判断し,両チームの了解を得ることができればこの限りではない。
(リーグ開催期間)
21 リーグの開催期間は,代表者会議にて決定する。
補足 代表者会議は概ね2月末か3月初旬に行うものとし、代表者会議翌日を開幕日とする。
(コールドゲーム)
22 リーグにおいてコールドゲームは採用しない。

第七章 成績
(順位)
23 リーグにおいて勝ち点制を採用し,点数にあっては以下の通りとする。
(1)勝ち   3点
(2)引き分け 1点
(3)負け   0点
(同点首位)
24 勝ち点が同点の場合は、以下の順によって順位を決定する。
(1)得失点差
(2)総得点数
(3)当該チーム間の対戦成績
(4)抽選
(結果報告)
25 試合結果をウェブサイトにおいて速やかに報告する。
(個人成績)
26 リーグにおける各部個人成績優秀者を表彰する。表彰する項目については以下の通りとする。
(1)打率
(2)安打数
(3)打点
(4)本塁打
(5)盗塁
(6)勝利数
(7)奪三振
(成績の管理)
27 個人成績を表彰する関係上,各チームにあってはスコア等成績を試合毎に管理する。
(成績の提出)
28 リーグ終了時に,全試合の個人成績を提出すること。提出は試合毎に結果と個人成績を専用のウェブサイトへ入力することで提出とする。尚、期限は代表者会議で決定する。
(罰則)
29 下記の項目に該当する場合,罰則を設ける
(1)試合が消化できない場合は,1試合につき2点を勝ち点から減点する。
(2)個人成績が運営委員長に提出されない場合は,リーグでの成績を一切無効とし,今後のリーグに参加させない。

第八章 棄権
(棄権)
30 棄権とは下記に挙げる項目の通りとし,これが適用された場合該当チームは不戦敗となる。このときのスコアは0-0とし,得点もそのまま適用されるものとする。
(1)試合1週間以内のキャンセル
(2)試合当日,集合時間に集まっていない場合
(3)試合当日,試合ができる状態でない場合(人数不足等)
(4)チーム統一のユニフォームを5名以上着用していない。
(特例)
31 棄権項目に該当している場合でも,対戦チームとの交渉により,了解を得ることができればこれを棄権扱いとしない。

第九章 その他
(閉会式の参加)
32 閉会式には必ず参加しなければならない。これができない場合,リーグの成績を無効とし,今後リーグへの参加はできない。
33 規約に関する疑義又はこれらの規約に定めのない事項については、当該チームで誠意をもって協議の上、解決するものとする。